FC2ブログ

ばか丸《漢字》

漢字は苦手である。

「字を知らない」と言われればその通りだが、手紙を書くときは死に物狂い。

辞書を引く回数は半端ではない。

一度調べてあゝそうか、と覚えたつもりがすぐ不安になる。

書き留めればと思って書き留める。

今度は自分の書いた字が読めない。金釘流なのだ。


いっそ全部ひらがなにしたら、と思ってやってみたらただの「馬鹿」を通りこし、「変な人」となる。

今度こそと思ってきれいに清書(拡大4~5倍)する。

やっと落ち着くが身も心もくたくた。

何の手紙だっけ?となる。



高柳







ばか丸《カテゴリー》

川柳と俳句はどこが違うのか、よく分からない。

短歌だって、七・七が多くなっただけだ。

季語だって勉強しなければ分からない。

でたらめだっていいんだ。

カテゴリーなんか要らない。


知らないで 勝手に詠んだ 我が短歌 

カテゴリーなし 肩こりもなし



高柳







ばか丸《ウェルカム》

我が家の近くにとても小さな自家製パン屋があった。

パン屋のガラス戸に決して上手とは言えない字で「WELCOM!」と書いてある。

狭い部屋に一歩足を踏み入れると、なにやら黒っぽい生き物がチョコチョコ出て来た。

「亀だ!」

なるほど、「ウェルカメか」と私がつぶやくと若い主人がニッコリした。

きっと、カメカメエブリバディといったところだろう。


パンを食べていると、そんなに急いで食べないでよくカメと言われた。



高柳







ばか丸 《セミ》

絵を描く人達は、よくモデルを使う。

モデルは普通、協会に所属している。

依頼する者は、ヌードかセミヌードかコスチュームかを伝えてお願いする。


さてnudoは裸のことで、semi nudoは半裸。

半裸の定義は難しい。

布を少しでも纏っていればセミになる。


ところで話はずれるが、私はこのセミヌードという言葉を聞くと、蝉を思い出してしまう。

子供の頃、よく目にした蝉の脱皮である。

薄水色のみずみずしい蝉が、朝未だき(あさまだき)背中の薄茶色の殻をやぶり、ゆっくりと生まれ変わる姿は「死」への旅立ちでもあり、官能的でさえある。


セミヌード、心得ているミセどころ



高柳







ばか丸《バンクシー》

11月2日の朝日新聞に、例のバンクシーが、壁に向かって何かコラージュしている後ろ姿が載っていた。

バンクシーのバックシーンだと思った。



高柳







馬鹿まるだし Ⅰ①

最近白内障の手術を受けた。

何もやることが出来ないので一日中ブログを考えた。


白内障、手術後もまだ霧の中

街(ちまた)は早めのクリアランス


手術後はベッドの上でまな板の恋(あれ!鯉だっけ)

身動き出来ずかなしばりかな



高柳







絶景ミステリー

TVで「フランス絶景ミステリー」というのがある。

それはそれは美しい風景の中でドラマが始まる。

思わず見入ってしまう。

ミステリーだから必ず殺人が起こる。

そして絶叫が起こる。


そうか、絶叫ミステリーか、と思う。

こんなことを考えてまた貴重な時間を無駄にしてしまった。

ミスの多いこの頃、またミスッテリーか。



高柳

ブログ

個展が近いからと、忙しさにかまけて「ブログ」から遠ざかっていたが
数人の人から催促され、重いペンを取った。
いや、ペンは軽いのだが、気持ちが重いのでペンのせいにしているだけである。
私のブログには数人のファンがいる。
正確には私がファンなのであるが、ファンを裏切らないようなブログを、と思うと
ちょっと不安である。


高柳






話題の人

「バンクシー」という名の幻の画家がテレビで話題になっている。
「サザビーオークション」ですごい高値がついた。
そして落札されたとたん、絵がシュレッダーにかけられ跡形もなく細切れにされた。
現代絵画中の現代絵画と言わざるを得ない。

私はこの人を想像してみた。
きっと日本人に違いない。
そして銀行マンに違いない。
だって「バンク氏」だから。
相手が駄洒落(ユーモア)画家だから、駄洒落で考えなくてはいけない。


高柳







春菊

春菊がこんなに美しい花を咲かせるとは思わなかった。
白や山吹色のタンポポ大の花をつける。
しかし、すらりと長く伸びた茎と葉には、菊科の特徴がよく見られる。

英語では garland chrysanthemum と言う。
鍋料理の春菊とは一味違う話である。


高柳






プロフィール

版画家高柳とエクレア

Author:版画家高柳とエクレア
高柳裕の制作日記と最新情報をお届けします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク