「白に白」


「白に白」 文章で見れば、よく見えないことになってしまう。

ところが私には、これがことのほかよく見える。

とにかく美しいのだ。昔、版画のテクニックで多用した。

白い紙といっても、同じ白などひとつとしてない。

白い紙は紙質によって色が微妙に違う。

これを利用して深みのある(オフホワイト)紙の上に、

真っ白で線なり円なりを描くとけっこう目立つ。

私の得意技であった。


ある日、有名な友人のグラフィックデザイナーA氏が我が家に来た。

「お前の絵はよく見えない!」と彼は言った。 ーto be continuedー


高柳








一筆書き その2(頭をなるべく使わずに描く)


私は絵を描くとき、何を描くか決めることがあまりない。

つまりモチーフの消滅というか、消失というか、これは私だけの問題である。

版画制作のときはそんなことはない。出来ない。

しかし水彩だのガッシュだの手描きのときはそれが起こる。

そこで、描くのが便利でとりとめなく手が動き、何やら「心」がハッとする一筆描きが登場する。


油絵画家の中に「捨て絵具」ということをする人がいる。私もよく昔やったことがある。

白いキャンバスに向かうとプレッシャーのあまり手が動かなくなる。それを取り除くため

純白のキャンバスに余った絵の具などこすりつけて、故意に汚すのである。

すると「古キャン(使い古したキャンバス)」になる。だから安心して手が動く。

なんだか情けないような技法ではあるが、「安心」は大切である。


さて、安心から出発したものの、やがて行き詰まり「心配」になる。

安心と心配の繰り返しが私の技法である。


高柳








一筆書き simple stroke


一筆「描き」と書くべきか、いや、まだ描かれていないから「書く」かな。

しかし、いずれ絵になるのだから「描く」でいいか。などと複雑に考えてしまう。

いや今日は複雑ではいけないのだ、シンプルなのだ。シンプル イズ ザ ベストである。


私はこのところ、この一筆描きに凝っている。

出発点を決めるだけ、あとは腕を動かし、気ままに鉛筆をすべらせ、大体この辺り

という所まできたら終点とする。

出来上がると、すべて画面上の絵は一本の線で結ばれている、というわけである。

説明が遅れたが、一気呵成に描く絵のことではない。ゆっくりでも線がどこまでも続く。

線路は続くどこまでも、ではないが、”迷路のように続いている絵”のことなのである。


高柳











脳(ブレイン)のかたち


私の脳のことである。

ハート型に右と左に分かれている。

誰でもそうだと言われるかもしれないが、前後より左右が際立っている。

したがって、ハートの絵を描いたように左右の山がはっきりと分かる。

たまに自分の頭を触ってみると「地球の人」のような気がしない。

人類の平均を少し外れている。

最近右脳だの左脳だのとよく聞くことがあるが、それは思考のことで形のことではない。

またつくづく触れてみると蝶が羽を広げたように固まっている。

直上ではないのである。ちょっとブレている。  ブレインである。

だからといって、羽ばたくことはない。


高柳










プロフィール

版画家高柳とエクレア

Author:版画家高柳とエクレア
高柳裕の制作日記と最新情報をお届けします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク