FC2ブログ

髙柳裕と若手版画家たち展2019②

始まっております、高柳裕と若手版画家たち展2019。


初日は出展作家の天野氏の身体パフォーマンスとお琴のコラボレーションや

作家の皆さんのギャラリートークがあり、大盛況でした。


さて、脊柱間狭窄神経症を患ってなお旺盛な高柳先生の創作エネルギー!

まずはエレベーターホールで、ダーウィンとダビンチの2作品がお出迎え

2019G渓② 2019G渓➂

中に入ると高柳先生の作品群がずらり!


ギャラリー内右手コーナーは中西静香さん、

2019G渓6   奥のコーナーは時田有里子さん、大橋朋美さん、

2019G渓⑤

続いて高橋佳見さん、宮澤真徳さん、天野汲さん、金指知世さん

2019G渓④

新宿歌舞伎町の喧騒が嘘のようなギャラリー渓の静けさとすっきりとした空間に、日常を忘れる一時です。


高柳裕と若手版画家たち展2019

2019年1月14日(月)~19日(土)

11時~18時30分(最終日16時まで)


ギャラリー渓

新宿区歌舞伎町1-6-3石塚ビル9F

TEL/FAX 03-3209-5676

携帯 090-5322-5989(石塚)


エクレア


 

展覧会

神経痛の中で、展覧会が迫っている。
版画を制作出来ないので、座ったまま出来るコラージュに切りかえた。
昔の版画の刷り損じを部分利用する方法の「版画コラージュ」である。
手書きを加えるとなかなか面白い。

こんなピンチ状態を切り抜ける為、「ダビンチ」を制作した。
痛みの起源をダビンチに問うという作品である。
クラシックな額に納めた。

高柳





高柳裕と若手版画家たち展 2019

2019Gkei 

2019G渓 

続きを読む

脊柱間狭窄神経症

脊柱間狭窄神経症になった。
人間は脊椎動物であることがつくづく分かった。
脊椎の中か周りには、神経が張り巡らされているらしい。
脊椎を痛めているのに、左足、特に膝から足首までがしびれて痛い。
毎日毎日神経痛と真剣につきあっている。


高柳






プロフィール

版画家高柳とエクレア

Author:版画家高柳とエクレア
高柳裕の制作日記と最新情報をお届けします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク