FC2ブログ

現代落語考

落語が最近ブームと聞く。

落語には出だしの「枕」があり、最後に「落ち」がある。「下げ」とも言う。

さしずめダジャレはマクラに使う。

つまり、聞く人の心をほぐすのである。

そして話が始まり、終わりに「落ち」がつく。

この「落ち」が最も大切なことはお分かり頂けると思う。

アイロニカル(皮肉、おちょくり)にドーンと落ちれば拍手が湧くのである。



高柳





プロフィール

版画家高柳とエクレア

Author:版画家高柳とエクレア
高柳裕の制作日記と最新情報をお届けします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク