北斎


最近見たテレビ(NHK)によれば、北斎の肉筆水彩画が見つかったそうだ。

シーボルトのコレクションの中にあったという。

この水彩画は西洋の画風に基づいて遠近法で描かれていて、今日まで誰が

描いたのか分からなかったらしい。調べてみるとシーボルトによる記述があり、

北斎による西洋画風水彩となっていたという。

テレビ画面で見る限りたしかに北斎のモチーフ的風景で、かなりしっかり

遠近(パースペクティブ)が感じられる。

しかし、天才北斎だからさもありなんと、テレビを見た私は簡単には納得

できなかった。

私はまだ釈然としない。

というのは、現代に生きる私などは遠近法でしかものを見ることができない。

江戸時代のように平面的に描けと言われても、何をどうしたら良いか分からない。

もしほんとうに遠近法を学んだ北斎がいたとするなら、いつ、どこで、

だれに学んだのだろうか?

話は、ますますミステリアスである。


高柳








プロフィール

版画家高柳とエクレア

Author:版画家高柳とエクレア
高柳裕の制作日記と最新情報をお届けします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク