蝶々の数え方


普通、蝶は一匹二匹と数える。

中学生の頃昆虫(採集)少年だった私は、すっかり昆虫に詳しくなっていた。

中でも蝶の採集に熱心だったから、今日は八ヶ岳、明日は雲取山と駆け巡った

ものだった。そして、山路の途中で他のグループとすれ違う時の挨拶は必ず

「今日何頭採れました?アサギ(蝶の名)ですか?」という具合であった。

当初違和感があったものの、慣れてくると専門家の挨拶と思い、馴染んでしまった。

以降、私は自分の文章の中でも蝶を数える時は必ず「頭(トウ)」を使い続けてきた。


改めて考えると不思議である。

最近になり、ふと、もし違っていたら? ・・・ と心寒くなった。


昆虫学者に聞いてみた。昆虫の分類では学問的には「頭(トウ)」であるとのこと。

やっぱよかったんだ! とホッとした。

しかし、心の底から納得したわけではない。 またさらに確かめなくては・・・

まだ心寒さは続いている。             To be continued.



高柳









プロフィール

版画家高柳とエクレア

Author:版画家高柳とエクレア
高柳裕の制作日記と最新情報をお届けします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク