続・文の書き方 「起承転結」


文には「起承転結」が必要と教えられた。

はじめに自分の言いたいこと=意を「起」こし、「承」でそれを受け、

「転」で変化をつけて発展させ、「結」で全体を締めくくるという。


私流に理解すれば、最初に文の「落ち」を考え、それをすぐには言わない、

書かない。次にさりげなく文を綴って読者を外の路線にのせ、しばらく

普通に歩ませ、頃合いをみて落とす。

何のことはない、落語の手法である。


悲劇はたまに起こる。

努力の甲斐なく転ばない、落ちないときは

え~ お粗末! お次がよろしいようで。


高柳







プロフィール

版画家高柳とエクレア

Author:版画家高柳とエクレア
高柳裕の制作日記と最新情報をお届けします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク