「二番手」はいい


昔から私は「一番」が嫌いだった。一番になったらどうしようと思うと

緊張してしまう。いや、し過ぎてしまうのだと思う。


一番になると注目を浴びる。褒められる。質問に答えなくてはならないし、

今度一番でなかったらどうしよう、など夜も眠れないと思ってしまう。

そこへいくと二番はいい。安心して落ち着いていられる。

次に一番になるかもしれないし、また二番でも誰も文句は言わない。

注目度が丁度いい。だから二番にかぎる。


褒めかたもゆるゆるである。英語で「almost」なのだ。

「もうチョイですね」 とか 「今度ですね」 とか肩がこらないのである。

そう、やっぱり二番、二番がいいのだ!



高柳








プロフィール

版画家高柳とエクレア

Author:版画家高柳とエクレア
高柳裕の制作日記と最新情報をお届けします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク