かくし味芸術 ~「白に白」 その2~


久々のブログである。

友人に「お前の絵はよく見えない!」と言われた。ショックは無い。

この人は「もう一方の人」と思った。

「白に白」が見える人と、「白に白」は見えない人と、2種類の人がいる。

友人は見えないタイプであると思った。でも本当に視力が無いわけではない。

「もの」を見る時、コントラストの強いものを好むのである。

つまり、遠くからもハッキリ見えることが大事だと思っているタイプ。

「白に白」が見える人は、遠くからは見えないが、近くでよく見ると実に美しく

見えるタイプ。

「白に白」は料理で言うなら「かくし味」に似ている。

この「かくし味」が分かる人は意外に少ない。

むろん、メインがドーンと美味しく、さらにかくし味が効いているということが大事

ではあるのだが・・・

ー後日談ー

その後、惜しくも世を去った友人は、当時から片眼の視力がほとんどなく、

ものが見えづらかったようである・・・


高柳









プロフィール

版画家高柳とエクレア

Author:版画家高柳とエクレア
高柳裕の制作日記と最新情報をお届けします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク