見ること part 2


眼科に行った。

緑内障と云われた。

もともと人生の視野が狭い私にはぴったりの「病」だ。つまり、視野が欠けるのである。

笑ってもいられない。

幸、セカンドオピニオンでことなきを得たが、話は「見える」ということである。

眼球の視力とは別で、人は見たいものを見ている。

逆に言えば、見たくないものは、見えていても見ない。

つまり、好きな人(モノ)を見る時、他の人(モノ)は眼中にないのだ。

古い話だが、遠山の金さんの桜吹雪は、強制的に”見ること”を印象付けた例であろう。


パスカルは言った。

夜空に輝く星座のものたちは、見たい人々だけが見られる楽しい世界である。



高柳










プロフィール

版画家高柳とエクレア

Author:版画家高柳とエクレア
高柳裕の制作日記と最新情報をお届けします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク