私の版画技法 その6


私がそれらを自分の版画に取り入れようと思ったのは、いや、それらを使って版画を

作ろうと考えたのは、色付き新聞などまだ無い時代だったからだ。

そうだ「読む版画」を作ろう。しかも現代、最も新しい広告を使って。

しかしカラフル広告といえども、そのままの使用は許されない。版権というものがある。

そこで奥の手、コラージュ技法の考え方が登場。

イメージのアッサンブラージュ、多くのシュールレアリストの考え方。

しかし相手は金属、自由自在というわけにはいかない。

そこで金属のこぎり、金づち、など工具が活躍する。

続く


高柳


プロフィール

版画家高柳とエクレア

Author:版画家高柳とエクレア
高柳裕の制作日記と最新情報をお届けします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク