FC2ブログ

reconsider(反省)の記 No.3 

久々に胃をこわした。
原因はいろいろあるが、コーヒーの飲みすぎのような気がする。
コーヒー好きの私は、日に4~5杯以上飲む。
しばらく止めると調子は戻るのだから止めればよいのだが、中毒になっているようだ。

反省はするのだが、完治する前にまたすぐに飲む。
ミルクを多く入れてカフェオレにすればよいと決めて、また飲む。
だからなかなか治らない。
「胃ーかげんにしろ!」と反省はしている。


高柳







reconsider(反省)の記 No.2

三省堂という本屋があるが、「日に三度反省す、という意味」と聞いたような気がする。
三度が多いか少ないかは人によって異なるが、「猛省」を促される人もいる。
その人が謝る時、「猛せん!」というのだろうか。



高柳






reconsider(反省)の記 No.1

最近、何をやっても「完全」にはいかない。
だから反省する。
昔、何かやるたびにパーフェクト!を連発する人がいたが、
それも他人の前で失敗したくないための祈りのようなもの。
どこかにミスがあるものである。

「私はミスをしました」は英語でアイ・メイド・ア・ミステイクとなるが、
さしずめ私の場合はしょっちゅうであるから
アイ毎度ミステイクスであろうか。


高柳






現代落語考 Ⅱ

さて、「落ち」の種類がいくつかある。
大好きな古今亭志ん生によれば
・考え落ち
・廻り落ち
・とんち落ち
・見たて落ち
等、いくつかに分類される。
そして面白さが少しずつ異なる。

考え落ち その場では面白さが分かりにくい。夜ベッドに入ってから、突然可笑しくなる。
廻り落ち あゝでもない、こうでもないと結論が回りくどく、結局どうということもないのが可笑しい。
とんち落ち 一休さんの「とんち話」のように、なぞかけの面白さ。例えば「真ん中通ってもはし渡る」とはこれいかに・・・
見立て落ち 相手の顔を見ながら動作、身ぶり手ぶりで面白く伝える(演技付き)。

という具合である。
英語でも私の思いつくだけでジョーク、ユーモア、ペーソス、ギャグ、パン、リドル等々、いろいろ分類されている。


高柳








現代落語考

落語が最近ブームと聞く。

落語には出だしの「枕」があり、最後に「落ち」がある。「下げ」とも言う。

さしずめダジャレはマクラに使う。

つまり、聞く人の心をほぐすのである。

そして話が始まり、終わりに「落ち」がつく。

この「落ち」が最も大切なことはお分かり頂けると思う。

アイロニカル(皮肉、おちょくり)にドーンと落ちれば拍手が湧くのである。



高柳





現代駄洒落考

「駄」はもともと
「馬」一頭に積める荷物の規定重量を一駄として荷物の重さを表す単位。
また「値打ちがない」「つまらない」の意味があり、駄句、駄作、駄文、駄洒落、などと使う。
最近では、ダサイー駄才・駄彩ーなどがある。(私の創作)

さて私が何を言わんとしているかというと
「駄」の意味を理解しないで「洒落」と「駄洒落の違いも分からず、何でも「またダジャレばっかりー」とか「それってダジャレじゃん」とかのんきな人がなんと多いことか・・・

でも私は知っている。
ダジャレはシャレ過ぎてはいけない。
スマート過ぎず、思わず苦笑を誘う、とても大切な「駄」なのだ。


高柳







ラングドシャ

窓から見える塀の上を黒い影が通り過ぎた。
ハット思ったが、猫のように見えた。
それにしても長い影だ。

フランス菓子の「ラング・ド・シャ」は「猫の舌」の意味だが、あれは「ロング・ド・シャ」だと思った。


高柳






創作意欲

絵を描こう!と思うには「力」がいる。エネルギーのことである。
エネルギーは能の力で湧く。

能の力とは、「何」を「どう描くか」がハッキリしているほど良い。
しかし、それが周囲にどう受けるか、どういう評価に値するか、のレベルも大事である。
つまり「今までにない考え方」や「見たことのない方法」は良い。力の源である。
しかし自分でそう思っているうちは良いのだが、少したって他人の作品中にそれを見たときはガッカリしてしまう。

次行こう!胃欲も湧いてきた。


高柳








自分の足でスタスタ歩けるようになった。
完治とはいかないが、90%位良いと思われる。
フットワークが良い。
今までとは違う。
リハビリ、トレーニングの成果であろう。
しかし、「寒さ」と「冷え」には気を付けないといけない。
足が冷えると痛む。

ちなみにフランス語で足は「ピエ」である。
日本でも昔から「ネピエに気をつけなさい」と言うではないか。


高柳









ねこ

昔、猫を飼っていたことがある。
野生そのものの、全くなつかないやつであった。
アトリエに逃げ込んだら最後、アートフェスティバル(後の祭り)である。
追い出さなくてはならない。
逃げ回ってなかなか捕まらない。
追い出したらドアを閉める。シャットアウトする。

フランス語で「猫」は「シャ」であるから、まさにシャットアウトなのだ。


高柳






プロフィール

版画家高柳とエクレア

Author:版画家高柳とエクレア
高柳裕の制作日記と最新情報をお届けします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク