ブログを書くときは・・

ブログを毎週のように書いているのだが、自分でうまく書けたと思うことは
たまにはあるが、ほとんどが未完成、文章としてどうかと思うことが多い。

人に聞くと、ブログだからいいんじゃないかと答えが返ってくる。
しかしブログでも、文学者も見るかもしれないし、言語学者だって・・・
そう考えると、しまった、と思う。が、時すでに遅し、後の祭りだ。

そこで気を引き締め、格調高く正しい文章で書こうと意を決したのだ。

決めたからには文体を選び、「何を言うか」を考え、文脈に注意し、リズムを大切に、
起承転結を振り返り、さらにユーモアを交え、落としどころを決め、
でも全体として爽やかさを失わず・・
おっと!知的レベルをやや高めに保ちながら書こう。
と思ったが、くたびれた。


高柳








青梅市立美術館「祝喜寿 高柳裕展」2017.11.18~2018.1.14

青梅ブログ用

続きを読む

先生力

先生はえらい!なんでも知っている。
特に専門的な知識はまことに豊富である。
分からないことは、質問してもちゃんと答えてくれる。
だから先生はすごい。

と、これは立派な先生の話。そして学問的な先生の話。
最近では先生はいっぱいいる。どこもかしこも先生である。
先生ではない人まで時に先生と呼ばれたりする。
だから区別が必要である。
学校の先生、絵の先生、体育の先生、音楽の先生、医者の先生、料理の先生・・・
きりがない。

でも先生だって悩みはあるに違いない。
先生だって先生が欲しいに決まっている。でもそれはあまり言えない。
格が下がってしまうと思ったりする。人に与える力が劣って見える。
つまり「先生力」の低下である。
低下は困るので、どこかで踏みとどまらなくてはならない。
だから胸を張る、顎を引く、そこで見かけは保てる。
気を取り直し、勉強しなければ、と思ったりするに違いない。気弱になるに違いない。
先生も可哀想に思えてくる。

あぁ、先生力はどこへ行く。


高柳







ギャラリートーク

美術館では「ギャラリートーク」をよくやる。
作家が自作の前で喋るのである。

絵の前で絵の説明をしても、と思うが、ギャラリー(観客)は作家と作品をセットで
見たいのかもしれない。

作家は、「この絵はこういう気持ちで描いた」とか「こういう苦労をした」とか
喋るわけだが、それだけでは物足りないので、少しサービスをする。
この時、ユーモアが大切である。
「こんなえらい先生が、こんな冗談を仰って!」とか「なんと身近に感じられる先生
ですこと!」と思わせる。これが狙いである。

しかし冗談ばかりだとお笑い芸人と変わらないので、切り替えて哲学的に
引き込まなくてはいけない。
「なるほど」と感じさせなくてはならない。
質問には分かりやすく、丁寧に、笑いをかぶせながらうまく答える。

というわけで、ギャラリートークはなかなか大変なのである。
この後、作家は疲労と自責の念に囚われ、画廊トークは疲労トークに変わる。


高柳







青梅市立美術館開催中の「高柳裕展」にて その2


少し前に書いたが、初日に一番で二人の見知らぬ女性が来てくださった。

この二人もそれはそれは熱心に観ていて、私の絵にビックリ、

「こんな作品に出会ったことはない。きょうは特別な思いで感動した。」と話してくれた。

40年以上前の作品とはいえ、誉められるともちろん嬉しいのだが、私の作品が

時を経てなお若者に新鮮に感じられるのは何なのだろう、ということ。

私の手法とデザイン感覚が特殊だということなのかもしれない。

「見る」ことと「見られる」ことを考えさせられた。


高柳





青梅市立美術館開催中の「高柳裕展」にて

17,8才くらいだろうか、二人の男女がやってきた。

仲むつまじく、私の作品の前でそれはそれは熱心に見ている。

広い会場なのでよくは分からないが、時々二人で笑顔で楽しそうにしている。

第一室が終わると第二室へ、そこでもくい入るように見ている。

やがて見終わって帰るかと思いきや、またもどって見ている。

やがて二人は一人一人になり、勝手に見ている。

一室~二室へ、二室~一室へと飛ぶように見に行く。

私は恋人同士なのかと、ほほえましく眺めていた。


長時間の後、帰りがけに思わず声をかけてしまった。

「よく見てくれてありがとう。どうでしたか?」二人はそろって答えた。

「チョーカッコイイ!」

よくみると二人とも男の子だった。



高柳









美術館にて

青梅市立美術館で私の個展、「高柳裕展」が開かれている。
何十年も前の初期からの展示で、私自身も懐かしい思いである。

初日、二人の若い女性がやって来て、大感激して長い間質問攻めにあった。
見も知らぬ女性達である。
半世紀も前の作品にこんなに感激してくれて、と私は嬉しかった。

私が自分で感激したのは、色が変色もせずよくもこんなに持ちこたえているな
ということ、そして、やはり若い時のパワーはすごいと思った。
気付かず、喜寿を向かえた私の独り言である。


高柳






「発音」これでいいの怪?

最近NHKテレビでも発音の「怪」が目立つ。
地方出身のアナウンサーが多くなったのかと皮肉りたくなるほど、耳を疑う発音が
多くなった。

英語のアクセントは特にひどい。
とある人に言ったら、あれは英語ではない。もはや現代日本語なのだと言われた。

私など、何とかの一つ憶えでアク’セサリーを’アクセサリーと言われると、思わず身構えてしまう。
というのは、昔アメリカ人の先生にとことん矯正された経験があるからである。

他にも変な発音の英語が飛び交っているが、これはもう諦めるしかない。
頭の中が、アクセントだけにアクセンクトー(悪戦苦闘)しているのである。


高柳








暗闇でデッサン

私はエンピツ等でアイディアスケッチをしたことがない。
それには理由がある。
デッサンは暗闇でするからである。

私のスケッチはカメラワーク。そして、すぐに暗室に入る。
選んだフィルムを現像ー35㎜ネガを作り、リスフィルム50㎝×50㎝に拡大、
そのフィルムに直接ロットリング等で描き込んだり、デザインナイフで削ったりする。
そして自分が望むフィルムを作る。

これが私のデッサンなのである。
昔、私は版画家である数時間前はいつも写真家だったのである。


高柳






ガラス絵Ⅱ

青梅市立美術館での個展が迫っている、と前にも書いたが
版画の他にガラス絵も展示する。
ZODIAC「星座シリーズ」である。

12宮天体図であるから、絵は12枚なくてはならない。
ところが、久々に見てみると一枚足りない。
<乙女座>が消えたのである。
誰かが買った(つまり売れた)のか、とも思ったが記憶にない。

美術館への搬入の期日が迫っているのだ。
乙女座の制作にとりかかった。
昔の技法を思い出しながらのガラス絵である。
そこからが苦難の連続であった。

続く


高柳